節税対策は計画的に

間取り

賃貸経営力は不要です

将来の相続税対策として土地活用真剣に考えてるオーナーにとっては、アパートを建ててサブリース契約を結ぶことは、賃貸経営を安定させるための方法としてよく使われています。自らの土地にアパートを建設する際、税金計算時の土地の評価額は相対的に引き下げることができるもの、建設コスト自己資金で賄えない場合にはローンで埋める必要があります。不動産投資ローンとして組まれることから、住宅ローンほど金利優遇措置はありません。そのため、賃貸経営に不慣れなオーナーにとって、空室発生時にはローン返済が滞るリスクがあります。サブリース契約を行えば、家賃の一定割合が空室の有無にかかわらず毎月必ず入ってきます。不動産投資ローン返済が滞る危険性を減らすことができるので、20年または30年といった長期間に及ぶサブリース契約は、オーナーにとって魅力的です。土地開発業者にとっても、サブリースを付けた契約を受注することは、不動産投資を自己資金で行う必要がなくなるので、賃貸経営のノウハウを持った業者にとってはビジネスチャンスとなります。サブリース契約はオーナーにとってメリットが最も大きく感じられるのは、家族が相続税を払う時です。故人の銀行口座は死去と同時に一時的に凍結されるので、簡単に引き出すことは出来なくなります。サブリース契約を行った保証された家賃は、引き続き振り込まれ続けるので、振込先を変更するだけで葬儀費用その他を賄うことが可能です。土地活用を行う際にサブリース契約とセットで組み合わせれば、残された家族にとって相続税対策にもなる点が嬉しいことです。