空室によるリスクを軽減

マンション

1棟アパート等で不動産投資をする際に、よく耳にするようになった契約スキームが一括借り上げと言われるものです。サブリースと言われることもあります。一括借り上げは、空室になっても家賃を支払ってくれるため、不動産投資における空室リスクを排除するために考えられたスキームと言えます。しかし、メリットはそれだけではありません。一括借り上げをすることで手間を大幅に省くことができるのです。賃料の管理や滞納の督促、空室になった際の入居者の募集や、入居者からのクレーム対応、など細かな仕事はすべて一括借り上げをした不動産会社などが行うことが一般的です。通常、不動産投資をしていると、これらの手間は賃貸管理会社が行っており、管理組合に支払う管理料や修繕積立金とは別に賃貸管理会社に支払う必要があります。一方、一括借り上げの場合には、この賃貸管理会社を仲介させる必要がないのです。オーナーからしてみれば、何の手間もかからず、毎月決まった家賃が支払われてくることになります。投下資金の回収ペースを掴みやすい契約といえます。但し、注意も必要です。家賃は2年ごとの更新であることが多いです。この時に保証家賃を減額されるケースもあれば、そのまま維持されることもあります。一括借り上げという仕組みは同じでも、契約相手である不動産会社や建設会社で内容は変わってくることもありますので、いろいろなところに問い合わせをしてみるとよいです。